こっそり贈与してもばれる!?相続では家族の預金もチェック!

相続税のがれのためこっそり現金を生前贈与。

必ず見つかりますのでやめましょう。

キャプチャ112

預金はさかのぼってチェックされる

こっそり贈与しても預金通帳に動きが残っていれば確実にばれます。

相続税の申告をお受けする場合、被相続人ご本人の通帳はもとより、極力ご家族名義の通帳も複数年にさかのぼってチェックしています。ご家族の預金はプライバシーの問題もあり、なかなか見せてもらえない場合もありますが、その場合はきちんとリスクの説明をしています。

税理士に隠したとしても、当局は銀行での預金の調査が可能です。通帳を見せなくとも税務署は把握しています。

預金のチェック方法

私がチェックしている方法は次の通りです。

通帳のデータのうち、金額の大きいものをすべてExcelに入力します。まずは通帳ごとにそのまま日付順に入力。つぎにすべてを日付順でソート。すると預金間の動きがわかりやすくなります。家族への贈与もここで把握できます。

入出金を消し込んでいき、消し込みができなかった資金の出所や支払先を調べます。ここで辻褄の合う説明ができればOK。例えば通帳から引出した100万円の用途がわからない場合、現金で持っていたと見なされれば相続財産に加算です。

3年以内贈与は相続財産

亡くなった日から3年前までの贈与は相続税の計算の際、すべて足し直して計算します。もちろん贈与税を支払っていればその分は控除されます。しかし、110万円の基礎控除以下の贈与でも相続財産に加えなければなりません。贈与したらそれで終わりではないのです。

ただし、相続で財産を取得しなかった人への贈与があっても、加算しなくても良いことになっています。例えば相続人でない孫への贈与なら一般的に加算はしなくても良い場合が多いでしょう。とはいえ、贈与税を払っていなければ当然追徴となります。

適正に贈与すれば負担は軽くなる

適法に、上手に贈与をすれば相続税の節税が可能です。早めの対策と専門家への相談をおすすめします。

当事務所では事前の相続シミュレーション、贈与を使った節税プランの策定、相続税の申告業務を承っております。こちらをご覧の上、お問い合わせください。

◆◆あとがき◆◆

風邪気味だったのがようやく快方に。

情けない話、咳をしたとたんに腰痛も併発しておりましたが(^^;)

つらい日々を抜けました(^^)