クールビズ・首から覗く白Tはマズイ?!シャツの下はベージュのVネック、1分袖がおすすめ

IMG 2368

ボタンを開けたシャツの首元、

白い丸首のTシャツが覗いているとカジュアルすぎる印象を与えてしまいます。

下着はなるべく目立たせないようにするのがベターです。

本来はシャツ自体が下着

シャツ(ワイシャツ)は本来下着です。寒い国で発祥したスーツスタイルですから、基本的にジャケットは脱がないのが原則。シャツは常に覆い隠されているべきもの。下着ですからね。シャツ自体が下着なので、もしかしたらその下に肌着をもう一枚着る、というのは邪道なのかも知れません。

 

しかし夏は熱帯の日本ではシャツ一枚では汗を処理しきれません。べったり張り付いてみっともないことに。シャツの下に肌着を着るのは当たり前となっていますよね。いわば下着on下着です。もしくは下着in下着(^^)

その、下に着る下着、すなわち肌着。ノータイでボタンを開けたとき、これが覗くとあまりスマートには見えません。

Vネックで首元から隠す

丸首のTシャツだと、確実に見えてしまいますよね。ここはやはりVネックを選択したいところ。

アウターにVネックだと少しやらしい感じがしますが、インナーなら問題なし。

もしくはUネックという選択肢もあります。

ベージュなら袖も透けない

色はやはりベージュです。白一辺倒の方には抵抗があるかも知れませんが、そもそも人には見せないものですからね。ベージュは透けないので、見る方からは下に着ていることすらわかりません。

これが白だと、白い部分だけシャツの色がくっきりと明るくなってしまい(つまり透ける)、中に1枚着ているのがバレバレです。袖の部分で白と肌色に分かれてしまいますからね。

なるべく着ていないように見せるのがスマートです。ましてやど派手な柄やロゴ入りTシャツは避けましょう(あえて狙うなら止めませんが・・・)。

1分袖ならポロシャツの下もOK

シャツは半袖より、長袖を腕まくりの方がスマートです。とはいえ日本の夏は半袖が必需品とも言えます。

この場合、肌着の袖が、シャツからはみ出てしまう恐れがあります。同じ半袖の下着でもなるべく袖の短いものをチョイスしましょう。

こちらは1分袖を謳っています↓ ポロシャツの下に着ても袖がはみ出ません。

こちらもおすすめです。Uネックです。AMAZONだと現在ベージュが品切れのようです。

ユニクロのエアリズムというのがありますが、私はコットンの肌触りが好きなので上記のものを着用しています。

男性の服装の基本についてはこちらの本がおすすめです。

服装については私なりにいろいろ試行錯誤を重ねてきました(もちろん今も)。男性のスーツやジャケパンといったオーソドックスなスタイルについて、私が研究・実験してきたことについて個別にお伝えしています。
「大人の服装」個別コンサルティングはこちら

 

◆◆あとがき◆◆

先日バルバのシャツの件でご紹介したストラスブルゴ・ルクアイーレ店が7/19で閉店するそうです。

残念です。