ユニクロのチノパン・新色追加

0F068C99 A0F7 4DE0 8A6D 650EA4B7E776のコピー455B0ED6 A32A 4FB4 9BC4 AC831DEE8E4Bのコピー

以前書いた↓の記事の通り、普段使いにユニクロのチノパンをローテーションで履いている。

 

そろそろくたびれてきたこともあり、同じものを買いにユニクロに出かけたところ、新色が出ており、グレーを追加した。

スリムフィットノータックチノ健在

いつも使っているのは

「スリムフィットノータックチノ」

という商品で、ネイビー、ベージュ、ホワイトの3本をローテーションで使っている。
特にホワイトは汚れが目立つため、追加購入したかった。

ユニクロの場合、たまに商品が突如廃盤になっていたり、モデルチェンジしたりする。今回もその不安があった。

実際に店舗に行ってみると、愛用の品がまだ健在であることを確認。さらに見ると、新色が追加されていた。

黒は以前からあったかどうか記憶がないが、オリーブとグレーは初めて見る。
ホワイト1本だけ買って帰るつもりであったが、新色もいいかなと思い、グレーも購入した。オリーブは若干カジュアル色が強い印象だ。

グレーについては遠巻きに見るとウールパンツに見えないこともない。ネイビーのジャケットと合わせやすいと思う。

隣の棚を見ると、新商品らしき「ウルトラストレッチスキニーチノ」という商品が目に入り、その中でもブルーの発色が気に入ったため、こちらも購入した。

その名の通りシルエットはかなりの細身のため、こちらはかなりのカジュアルよりと言える。写真の左側がそれである。

堅めの職場では微妙

あくまでこれらの商品は「チノパン」であり、堅めのビジネスの場にはそぐわない場合もある。ビジカジが奨励されている職場であればセーフだが、そうでなければ避けた方がいいと思われる。
堅めの職場なら同じジャケパンでもウールパンツにした方が無難だ。

 

ユニクロでもウールパンツは出ているし、安価に揃えることは可能だ。
ただ、私はウールパンツについては少しいいものを履くことにしている。
普段使いではなく、かしこまったときだけ使用しており、愛用しているのはパンツ専門メーカーのINCOTEXだ。

クリースを入れてみよう

チノパンをそのまま履くといかにもカジュアルという感じは否めない。

そこで「クリース」、すなわちパンツにセンターラインを入れることをおすすめする。
クリーニング屋で指定すればそのように仕上げてくれるし、自分でアイロンをかけてもいい。

チノパンであればモモの上まできっちり入れず、スネの部分だけというのもアリだろう。 

感動パンツ

ユニクロの新商品で、プロゴルファーのアダムスコットと共同開発した「感動パンツ」なるものが出たようだ。これは少し気になっているので、夏用として購入を検討している。
購入の暁にはまたこのブログでレビューしたいと思う。