40代からの終活ーーその日が来るまで健康でいるための酢にんにく

F8EC1005 490D 41B5 88C8 F31C882D3650

1年ぶりに酢にんにくを新しく漬けました。

健康のための一助になればと思い、数年前から続けています。

 

効能

酢もにんにくも生活習慣病の改善に効果があるそうです。

末梢血管を拡張したり、活性酸素を抑え、ストレス耐性も高まるとのこと。

もともとにんにくは好物でしたが匂いの問題もあり、平日はなかなか食べるのをはばかれていました。

しかし酢漬けにするとその匂いもなくなります。どちらかというと酢の匂いの方が強いです。

 

利用法

私は毎朝、トマトジュースコップ1杯に、酢にんにくの酢をスプーン1杯と、ねり生姜、オリーブ油を混ぜて飲んでいます。

にんにくの方はたまに食事の時に食べますが、そのまま食べると酸味でむせるので、トースターで少し焼いてから食べています。

 

漬け方

漬け方はいたって簡単で、皮をむいたにんにくを瓶に入れ、酢を注ぐだけです。

数日たつとにんにくの色が緑→紫と変化しますが、安心して下さい。しばらくすると色がなくなり、もとに戻ります。

89315D7B D819 47EC B443 8110DB1BC107

2〜3カ月漬ければ完成です。

 

健康寿命を延ばすために

平均寿命が延びていますが、老後はなるべく健康で過ごしたいものです。できれば病気もなく、死ぬ間際まで健康でいたいです。

かの村西とおるさんのご母堂はこの酢にんにくを毎日食され、80歳を過ぎても健康で精力的に活動されていた(いる?)そうです。

不摂生、不養生は楽ですし、ついそちらへ流れてしまいがちです。老後になるべく苦しまないために、できることはやっておきたいものです。

 

 

◆◆あとがき◆◆

過去の写真をすべてグーグルフォトへ移行中。

日付順に並べてくれるため、まさにデジタル走馬燈です。