Excelのショートカットキーを覚えるため毎日素振りする

スクリーンショット 2016-02-18 10.33.39

Excelのショートカットキー、身につければ間違いなく効率化につながるとわかっていながら、なかなか身につきません・・・

 

一覧表は有用か?

ショートカットキーを覚えるために、一覧表を見ながらその都度使ってみる、または一覧表を丸暗記する、などの方法が考えられます。

この方法、私はどちらも早々に挫折しました。

その都度見る→表を常に用意しておかねばならない。面倒くさい。その都度時間をとられてしまうので一時的に非効率になり、ついついマウスを使ってしまう。

丸暗記→頭で覚えても実践で使えない。文字だけではキーの位置がイメージできない。CtrlなのかShiftなのかAltなのか混乱する。そもそも覚えるモチベーションがわかない。

という訳で、これらの方法は断念しました。

 

腹を決めて修行する

ここであきらめてマウスオンリーにとどまってしまえば進歩がありません。

腹を決めて修行を開始しました。

 

 

この本のいくつかの事例を実際にExcelで作成し、本の通りの手順でショートカットキーを使いながら表を完成します。

簡単な表ですから、この練習を一日10回づつ、毎日時間をとって”素振り”をしています。もう2ヶ月ほど素振りしています。

 

効果

素振りの効果は、”体で覚える”ことに尽きます。

毎日やっていれば速度は上がってきますし、当然本を見なくてもできるようになります。
効果があるように思えます。すっかり自分のモノになった気分になります。

もう覚えたから素振りやめてもいいかな〜と考え始めます。

しかし

実践で使おうとすると素振りのようにスムーズに行きません。一瞬手が止まって。”あれ?どうだったっけ?”となってしまったのです。

素振りは一連の手順を繰り返すだけなので、何も考えずについつい惰性でこなしていました。

あらゆるシチュエーションへ対応できるようになるには、やはり実践で躊躇したり、頭を打ちながら使い続けることが大事だと感じました。

一覧表に関しては、こうして体で覚えた後の確認用として、または自分の中で柱ができた後の肉付け用として使うなら有効でしょう。

 

まとめ

頭で覚えるより体で覚えることが何より大切。そのためには素振りが有効。

ただし素振りだけでは即戦力にはならないので、実戦での経験が不可欠。

一覧表は補助資料としては有用だが、それメインで身につけることは難しい。

 

私の修行はまだまだ続きます・・・