税理士受験は9月が肝心・スタートダッシュと仕組み化を!

9月からいよいよ来年受験の税理士講座が開講です(最近は5月開講とかもあるらしいですが)。

モチベーションの高いうちに勉強を軌道に乗せてしまいましょう。

3F7073D7 8931 40F3 BF08 8B839112A575

モチベーションは必ず下がる

希望に燃えて9月開講の講座に申し込む。大きな教室には受講生が一杯。「ここはマークしましょう」の講師の声に一斉にペンを持つ音が教室中に響く。

そんな光景も年内まで続けば良いところ。

日が経つにつれ受講生が減り、教室は狭い部屋に移動。12月の合格発表後にはさらに受講生が減り、さらに狭い教室に・・・

様々事情はあれど、最初のモチベーションを持続することが如何に難しいか。人間のモチベーションは必ず下がります。

何故モチベーションが続かないのか

受験勉強は、
最初はやることが少なくても徐々に負担が増えます。
最初は易しくてもどんどん難解になっていきます。
最初は新鮮だったのがマンネリ化していきます。
最初は少しの遅れだったのが、だんだん取り戻せないほどの遅れになってきます。
最初の頃に覚えたことをどんどん忘れていきます。

そしてだんだんと気持が萎えていき、もう来年でええわ・・・

泳ぎ始めたら最後、必死に泳ぎ続けなければ脱落するだけです。そうならないためには最初の「やることが少ない」うちに勉強のサイクルを作ってしまうことです。

勉強は仕組み化、自動化

人間の心は必ず揺れ動きます。心の動きにいちいち振り回されていては長丁場の受験には対応できません。

感情や調子の波に左右されないためには、勉強自体を仕組み化、自動化してしまうことです。

私は何を、どんなサイクルで、何回やるかをすべて決め、それにしたがって機械的にやっていました。
詳しく記事にしています。

 

9月から全力

「今覚えてもどうせ忘れる」「直前にまとめてやればよい」はNGです。

今覚えてももちろん本試験までには確実に忘れます。
今覚えるのは最初の”インプット”です。今後本番までにアウトプットを死ぬほど繰り返すことになります。そのためには最初のインプットを全力でやっておかねばなりません。
もちろん完璧にはできませんが、最初に完璧を目指して全力でやっておくことで後々の負担が減り、全体のペース配分が上手くいきます。

「最初は余裕やし、そんな頑張らんでも」と思っても、仕事をお持ちの方なら年末、確定申告時期、3月決算など大きなハードルが待ち構えています。その時期にペースが落ちるのがわかっているなら、初めから飛ばしておくに越したことはありません。毎回のミニテストや月例試験もパーフェクトを取りに行きましょう。

その上で仕組み化、サイクル化できれば後は来年8月までそのまま走るだけです。

9月はスタートダッシュと仕組み化です!

 

 

◆◆あとがき◆◆

今日は9日で父の月命日のため墓参りでした。