H29 路線価・銀座はウチの1000倍・・・地方は衰退してますよ

IMG 0199

バブル以来見たニュース映像

さて他の税理士ブロガーの方もこぞって取り上げらておられるが、H29 の路線価が7/3に発表された。

銀座中央通りの路線価が4032万円。
TVではこのハンカチ一枚でいくら・・・と現場からの報道。
学生時代、バブル真っ盛りの頃、同じようにTVが銀座から報道していたなあ・・・と思い出した。

ちょっとしたお祭り騒ぎのようで、TVのキャスターも皆一様に笑顔だ。 

三重県は25年連続下落

バブル以来!との報道もあって、なんだか日本全国地価が上がってる様な気分にさせられるが、決してそんなことはない。
全国32の県では下落しているのである。

わが三重県は25年連続下落。1993年からなのでバブルはじけてまもなく、以来ずーーーっと下落し続けている。
「下落幅は縮小しました」と強引にポジティブな報道をしているが、将来的にプラスに転じるか、大いに疑問。実際に住むとそれが肌感覚だ。

松阪駅前でも路線価は9万円。
そりゃ駅周辺が駐車場だらけではしょうがない。
駅の周りがほぼ駐車場の街に未来はあるか | Mスタ!

 バブルの頃のような熱に浮かされたような雰囲気は地方には全くない。
そもそも日本全体が、一歩間違えば一気に冷え込むリスクと隣り合わせのように思える(たとえば消費税増税)。

地方は決して上向きではない

三重県松阪市の自分の事務所と自宅の路線価の推移を調べてみた。
スクリーンショット 2017 07 04 16 42 09
順調に下がり続けている。銀座の約1/1000。銀座はウチの約1000倍だ。

先日、セミナーによる出張の折、久方ぶりに銀座界隈を散策したが、もう、街と人の醸し出すエネルギーが地方とは全く異なっている。別世界と言ってもいい。
はて、この界隈におられる方とワタクシは、同じ日本人として同列に会話が成り立つのか?とさえ思ってしまった。

まだ東京で消耗してるの?なんて意見もあるが、東京の人は楽しいの?それとも消耗してるの?
(私は消耗して都落ちしましたが・・・でも銀座の人は楽しそうに見えた) 

いずれにしろ、”さびれゆく地方”という現実には変わりない。
都市部への集中はより進むのだろうか。
それとも大逆転パラダイムシフトが起こるのだろうか? 

まとめ

H29 路線価が発表された
都市部では上昇
地方は下落が続いている 
三重県は25年連続下落
完全なる二極化 
銀座の地価はウチの1000倍 
エネルギーが違う
私はすっかり田舎人