0.9mmのシャープペン・PRESS MANが使いやすい

6FBD60ED 1DAB 4A51 B978 4323AC683E22

まだまだ手書きはなくならない

ペーパーレス、デジタル化が進むと”手書き”から遠ざかっていきます。
将来、紙に手書きするという行為自体がなくなるかも知れません。
と言ってもまだまだ先の話。

手書きの負担を極力軽くするための道具として、プラチナ万年筆のPRESS MANというシャープペンを愛用しています。

太い、濃い、なめらか

太さは0.9mmという極太、専用の長めの替え芯は2B、なめらかで書き心地は軽快。感覚としては鉛筆に近いです。それでいて鉛筆のように丸くなりすぎず、削る手間もありません。

もともと筆圧が強い方で、0.5mmだとすぐに折れていました。
税理士試験はインクしか使えませんが、FPや宅建などはマークシートを塗りつぶさねばなりません。0.5mmのシャーペンだとマークする度にボキボキ折れて、折れた芯が隣の受験生のほうへ飛んでいったりと・・・。

さすがに0.9mmだと普通に折れることはありません。
以前は先端の金属の部分で折れていましたが、改良されたのかどうか、今は折れずに使えています。

私のように筆圧の強い人にお勧めです。

安くてお手軽

実物を見るとわかりますが質感はどちらかといえばチープ。1本百数十円ですからね。
逆にその手軽さがいいです。もう何年も愛用していますが、自宅に、職場に、キッチンに枕元にデスクに来客用テーブルに・・・とそこら中に転がっています。思い立ったときにさっと手に取ることができるし、1本ぐらいなくなっても負担にならない値段です。

デジタルメモとしてはスマホのFasteverも愛用していますが、資料に書き込んだり、図を書いたり、人に何か書いて説明するときなど、手書きがいいときもあります。

もともとこの商品を使い始めたのは、読書の時に本に線を引いたり書き込みをするのに最適だったから。
今では本に書き込みをすることもあまりしなくなりましたが、この商品だけは使い続けています。

細身が持ちやすい

本体は細くて軽量、それが手放せない理由でもあります。

ほぼ日手帳の書き込み用にジェットストリームの4色ペンを使っていますが、PRESS MANに慣れると太いし重いし、もはやストレスです。

かつては税理士試験用にドクターグリップを使っていた時がありました。もう20年前ですが・・・。今ならあの太さで長時間書き続けることは無理ですね・・・。

軽くて折れない、安くて丈夫なPRESS MANおすすめです。