相続税の農地の納税猶予・いくらぐらい猶予される?

NewImage

農地の相続は優遇措置がある

田んぼや畑などの農地を相続や贈与で受け継ぐとき、相続税や贈与税を猶予してもらうことができます。

具体的にいくらぐらい猶予されるのでしょうか。簡単に説明します。

農地は”農業投資価格”で評価できる

農地も土地に変わりありません。
相続や贈与があれば、原則的には倍率評価もしくは路線価評価により金額を算定します。

しかし納税猶予を受ける場合、倍率や路線価ではなく
”農業投資価格”
をもって農地の価格とすることができます。

農業投資価格を用いると、特に市街地農地の場合、
圧倒的に評価が低くなります。

具体的な金額

例として一部の地域の農業投資価格を掲載します。

キャプチャ

これらは10アール当たりの金額です。
10アールとは1000㎡、約1反ですね。

やはり都市部は高く、北海道、沖縄などは低めです。
米所の新潟では田と畑の差額が大きいですね。

宅地比準だと

さて市街地農地の場合、通常は宅地並みの非常に高い評価額になってしまいます。
たとえば路線価が30,000円/㎡、
農地の面積が500㎡なら
評価額は30,000×500=1,500万円。

宅地造成にかかる費用が引けますが、10,000/㎡引けたとしても
評価額は(30,000ー10,000)×500=1,000万円です。
相続税の税率が20%とすると税額は200万円

農業投資価格だと

これを農業投資価格にすると(三重県の場合)
評価額は720,000×500/1,000=36万円
税率20%なら7万2千円の税額。

評価額が1,000万円→36万円
税額が200万円→7万2千円 

このように評価額・税額とも大幅に下げることができ、非常に効果が大きい制度といえます。

農業投資価格の調べ方

農業投資価格は都道府県ごとに定められており、国税局のウェブサイトから見ることができます。

まず「路線価図」をクリック

キャプチャ1

 

調べたい年分と都道府県を選択

キャプチャ2

 

下の方に「農業投資価格の金額表」がありますのでクリックすると表示されます。

キャプチャ11

 

納税猶予を受けるには

納税猶予を受けるには、もちろん通常の申告の他に手続きが必要です。

相続人は農業に従事しなければならず、農業委員会での審査もあります。申告期限内、つまり相続開始から10カ月以内にすべての手続きを行わなければなりません。

猶予を受ける農地を担保に供したり、3年ごとの継続届出書が必要な場合など、面倒な面もあります。

事前に農業委員会や税理士と十分に打ち合わせすることが必要です。被相続人の生前から計画をしておく事が望ましいでしょう。