地味な三重県の地味な観光案内

三重県は地味

三重県は地味である。
天気予報では近畿地方に入れられたり、中部地方に入れられたりと、どっちつかず。 
方言は関西イントネーションに名古屋弁が混ざり、微妙。
西野カナや浅尾美和など、三重出身であることを特段前に押し出していない。もちろんそんなことはアピールポイントにならないだろうが(はなわの歌のように、公表してないことはないようだ)。

三重?興味ないわ
と思ったあなた、死ぬまでに一回だけでも来てみませんか? 

交通アクセス

三重県内に空港は無い。
中部空港からフェリーで津までこられるが、その後の移動も考えると電車がベターかも知れない。 

東から来るなら名古屋で乗り換えてJRまたは近鉄で。
西から来るなら大阪難波から近鉄 で。

伊勢志摩方面なら近鉄。
紀州方面ならJR。
ちなみにJRは電車ではなくディーゼル列車だ。 

車の交通マナーは悪い。人口の割に渋滞も多く、車での旅行はあまりおすすめしない。

観光例

三重県自体は地味だが意外に有名なものもある。
すぐ思い浮かぶのは伊勢神宮、鈴鹿サーキット、世界遺産の熊野古道(一部)など。
三重県は縦長で、経済的に南北差が激しい。北勢部は名古屋に近いが南勢部は過疎化の傾向だろう。
鈴鹿サーキットやナガシマスパーランド、なばなの里などは北勢なので、今回は過疎の南勢部に焦点を当ててみたい。 

 伊勢神宮

まずは伊勢神宮、以前書いたこちらの記事をどうぞ。
かゆいところに手が届く伊勢神宮お参りガイド

 

二見、鳥羽、志摩方面

二見興玉神社の夫婦岩、二見シーパラダイス、鳥羽水族館、ミキモト真珠島の海女実演ショーなど。
鳥羽市相差町(おうさつちょう)は旅館や民宿多数。 
志摩方面なら志摩スペイン村、海水浴場多数。

海水浴場

海水浴場は豊富にあり、旅館、民宿も数多く、また海の幸が堪能できる。
伊勢志摩・鳥羽・東紀州など三重県おすすめ海水浴場ビーチ特集 人気の御座から東紀州の穴場まで

紀州、熊野方面

熊野古道のついでに↓こちらなど。庶民的ですが。紀州方面は電車でのアクセスが悪く、車の方が便利かも。
紀北PA始神テラス潜入レポート・般若心経Tシャツが買える!! 
田舎の鮮魚スーパー・長島ショッピーがスゴすぎる!

 また紀北町のかい鮮やの海鮮丼はリーズナブルでおすすめ。

松阪

我が町松阪は観光的にはスルーポイント(苦笑)。
御城番屋敷、鈴の屋、鶴瓶さんも来た松坂城趾(この場合まつさかはつちへん)など・・・
鶴瓶の家族に乾杯・松阪市が登場

ギャンブル好きなら競輪。
競輪初体験・地元松阪の公営ギャンブル潜入

焼き肉店、鳥の焼き肉店が数多く、おすすめ。もちろん高級松阪肉店も。

まとめ

三重県自体は地味だが意外と有名スポットもある。
また、魚介類、肉類など食には満足いただけるはず。
死ぬまでに一度どうぞ。