私が愛してやまないギタリスト、ミック・テイラーが過小評価されている理由

ロックファンにすらあまり名前の知られていないミック・テイラー。

元The Rolling Stonesのギタリスト。過小評価ぶりがひどいです。

コアなストーンズファンはみんなハマっている(はず)のテイラーを紹介します!

IMG 2691

ミック・テイラーって誰?

ミック・テイラーはローリング・ストーンズの2代目ギタリスト。1969年〜1974年と、在籍期間はわずか5年。しかし在籍時のストーンズはまさに黄金期で、数々のライブで名演を残し、多くは海賊盤に収められています。
その黄金期にスーパープレイで多大な貢献をしたテイラーですが、脱退後はパッとせず。誰がどう見ても人生の選択を大失敗しています。

人物像

1949年生まれで、ストーンズ加入時は若干20歳。ミック・ジャガーやキース・リチャーズより6歳年下です。

キースの言葉を借りましょう。

すごくシャイで他人行儀なところがあった。毎回、初めて会ったときのミック・テイラー以上のものがなかなか見つからない。

あいつの顔には生気が無い。内面のどこかで自分と闘っていたんだ。そこには周囲から手が出せない。ああいう男たちは外に連れ出せない。自分自身の悪魔と闘わなくちゃならないからだ。
夕方に1,2時間連れ出すが、次の日はまた考え込んでいる。

性格は人見知りで神経質だと思われます。いろんな写真を見てもどこか陰があり、人を寄せ付けない職人気質な雰囲気をただよわせています。
おそらくキースとは気が合わなかったんでしょう。その頃のキースは薬漬けでめちゃくちゃでしたから、恐ろしかったのかも知れません。

ソロ時代に出したギターの教則ビデオ。

D41ADAF5 0E6E 46FC 82D0 54FE3217F76F

写真は笑顔ですが、映像ではいっさい笑顔無し。それどころか、終始やる気の無い態度です。おそらく無理矢理引っ張り出されたのでしょう。
進行役のギタリスト(名前はわかりませんがかなりのテクニシャン)が明るくテイラーを引っ張っていこうとするのですが、ムスッとした顔で途中で演奏を辞めてしまったり、「やってられるか!」という感じで最初から最後までテンション低いままです。性格がうかがい知れる映像です。

この笑顔を撮影したカメラマンの苦労を察します。思春期の中高生の卒アルを撮影するカメラマン並みの苦労をされたことでしょう。

プレイスタイル

ストーンズ加入前はジョン・メイオール&ブルースブレイカーズにわずか17歳から在籍。ブルースやロックンロールのオーソドックスで奇をてらわないプレイスタイルです。それでいてすごいのは何故か?

一番の特徴は”絶対に”引っかからないスムーズなピッキング&フィンガリング、そしてメロディセンス。
同じフレーズを弾いてもテイラーが弾くと伸びやかでスムーズで流れるような音になっています。
また、なんでこんなメロディを思いつくの?!と思わずため息が出て鳥肌が立つようなフレーズを弾いてくれます。

またキースの言葉を借ります。

あいつとのプレイは最高だった。ストーンズでやったなかでもダントツの部類だ。

あいつの演奏にはすべてが揃っていた。メロディ・タッチ、美しいサスティン、曲の解釈。気持のいい音だった。魂のこもった音だ。

ミック・テイラーを聴いていると、ときどき畏敬の念に見舞われた。

あいつとジャムセッションしたり、演奏前のウォームアップをしているときに、感嘆の声を漏らすこともあった。

脱退

スタジオアルバム数枚とライブアルバム1枚を残して1974年脱退。その理由は!?またキースに語ってもらいましょう。

テイラーは辞める理由を一度も説明できなかった。自分にもわからないんだ。俺は何度もあいつに訊いたよ、なんでやめたんだって。わからない、とあいつは言った。

ちゃんとバンドに溶け込んでいなかった証拠だよ、あいつがやめたのは。溶け込みたくなかったわけじゃないだろうけどな。

脱退の理由はいろいろ語られていますが、転職、あるいは独立して青い鳥を探したかったんではないかと想像しています。24歳の若者ですから致し方ないかなと・・・

それにしてもここからテイラーの人生はパッとしない、いまいち名前の知られていないギタリストになってしまいました。

最近のストーンズのツアーにはずっと同行し、かなりデブってしまったし、プレイもキレがあるとは言いがたいのですが、またストーンズと演ってくれたことはファンとしてはうれしい限り。

おすすめの音源

ミック・テイラーを聴くならライブです。スタジオでは控えめですがライブでは弾きまくっています。

正規盤ならこの2枚です。

悪魔を憐れむ歌の後半のギターソロは歴史的名演です!このギターソロにどんなに憧れたことか!(前半のたどたどしいソロはキース(^^;))

 

2015年に出たこちら。海賊盤の名盤がついに正規発売されました。必聴です!

 

 

ミック・テイラーの名演をチョイスした記事はこちら

 

◆◆あとがき◆◆

今日は歯周病検診。

きれいに磨けてますよ!といつもおだてて褒めてくれる歯科医院です。