ジャケパンのベルトはメッシュが合います

IMG 2844

くだけ度合いを合わせよう

スーツとジャケパンの違いのひとつは堅苦しさの度合いです。ジャケパン+ノーネクタイで少しくだけるなら、小物のくだけ度合いも合わせるとトータル感が出ます。

小物は意外と目につきます。ベルトや靴は自分自身ではあまり見えませんが、他人から見ると印象の度合いは大きいです。

少しくだけた印象のジャケパンスタイルに、スーツの時に締めていた堅めのベルトだとやはりベルトが少し浮いて見えます。ここを合わせていくと、他人が見て「おっ」と思わせることができるはずです。

メッシュのベルトがおすすめ

そんなときにはメッシュのベルトをおすすめします。写真のように、編み込まれているのがメッシュのベルトです。どちらかというとカジュアル寄りのベルトですが、カジュアルすぎることもなく、スーツに合わせるには無理がありますが、ジャケパンなら好相性です。

靴の色に合わせる

これは基本中の基本ですが、ベルトと靴の色は合わせます。黒の靴ならベルトも黒、茶靴ならベルトも茶。もっと言うなら素材感も大事で、もし靴がスエードならベルトもスエードが好ましいです。

デザインはシンプルがベスト

ベルトに限らず、形はシンプルなデザインが汎用性が高く、悪目立ちしないという意味でもいいです。悪目立ちするというのは、ベルトで言うならバックルが妙に凝っているもの。例えば高級ブランドのブランド名がバックルになっているようなものがありますが、私のような庶民だとバックルだけが目立ってしまい、ブランドに負けてしまいます。
個人的には、シンプルで汎用性が高いものを組み合わせるのが身だしなみの妙だと思っています。