読書メモは気軽に作って気軽に見返す・Kindleなら可能

6385F82C 788E 4D4B 832E 55C98D016620

読書メモ作りに時間を割かない

読書メモについてはいろいろ試行錯誤してきたが、Kindleを使えばハイライト箇所を一覧できるのでおすすめだ。メモ作りに時間をかけすぎると次の本へ移れないし、作っただけで満足してしまいかねない。簡単にメモして気軽に読み返すのがいいと思う。

Kindleを使った簡単な読書メモ

やり方は至って簡単。

本を読みながらメモしたい箇所をドラッグしてマーカー(ハイライト)を引く。
赤・青・黄・橙の4色を使い分けられる。
A1BC8CC3 CF4E 40B2 BEC8 D29A1FAB70E2

画面のどこかををタップし、右上に出るノートのようなアイコンをタップする。

A1BC8CC3 CF4E 40B2 BEC8 D29A1FAB70E2のコピー

このようにメモした箇所が一覧で見ることが出来る。カラーはハイライトの色に対応している。

6385F82C 788E 4D4B 832E 55C98D016620

自分の思いつきもメモできる

紙の本なら、読みながら思いついたことを直接書き込むことができるが、実はKindleでもこれが可能だ。
メモしたい箇所をタップしてメニューを表示させる。右から二つ目のアイコンをタップする。

088922D6 D201 40DA 97CC 6F8BB8C982B7のコピー

すると「メモの編集」画面が出るのでメモを入力する。
9EBF2B11 8C10 4540 8C3E 09809614B8AE

マイノートを見れば自分のメモ書きも一覧に表示される。
6385F82C 788E 4D4B 832E 55C98D016620のコピー

読書の目的はインプットである。しかし読みながら電撃的に思いついたことこそ、自分のアウトプットにつながるものだと思う。思いついたことをすぐメモできる機能はありがたい。

Amazon Kindleのページ

英語のサイトだが、AmazonのアカウントがあればAmazon Kindleのページにログインしてみよう。自分のハイライトした箇所をネット上で見ることが出来る。
Evernoteや自分のブログにコピペしたいとき、Kindleからは直接できないのが難点。しかしこのページからなら可能だ。 

まとめ

読書メモは手軽につくってさっと読み返そう。それにはKindleがうってつけ。
自分の思いつきもメモできる。インプット→アウトプットへの足がかりに利用しよう。
Amazon Kindleのページならネット上で自分のメモが確認でき、コピペも可能だ。