Kindle Unlimited・0円で読書の感覚が変わった

AmazonのKindle Unlimitedが30日間無料体験できます。

始めて2週間あまり、読書の感覚が変わりつつあります。

370DB7D1 E755 4D1A 8DF4 CEF38BE7042B

Kindle Unlimitedとは

月額980円で対象の本が読み放題のAmazonのサービス。最初の30日間は無料です。
Kindle端末がなくてもスマホ、タブレット、PCにアプリを入れることで読むことができます。

全ての本が対象というわけではなく、日本語で読める本は今のところ12万冊が対象です。無料期間中に端末に保存できるのは10冊まで。ただし削除して入れ替えることも可能。

私は8/12に登録しました。

電子書籍の使い勝手

電子書籍についてはこれまでどちらかというと懐疑的でした。たまにKindle版しかでていない本を購入していたのですが、どうもなじめず、結局中古で紙版を買いなおしたりしていました。

電子書籍は、

・書き込みができない
・本の厚さ(=ボリューム、ページ数)などが感覚で把握できない
・ぱらぱらめくってページを移動できない
・PCのスペックによっては反応が遅い

等の理由で敬遠していました。しかし実際に使ってみて、ほとんどのことはクリアできるように思います。

書き込みができない点

これまでは本に線を引いたり、また思いついたり感じたりしたことを書き込んでいました。それをノートに写したり、Evernoteに入力したりして保存していたのですが、電子書籍では直接書き込むことができません。しかし、マーカーを引くことは可能で、さらにその箇所を直接Evernoteなどにコピーすることもできます。

CEFA8C20 5880 4CDE B842 7AD1C5886EDE

本のボリュームがわからない点、ぱらぱらめくって移動できない点

画面をタップすれば、下にスライドバーが表示されます。

↓画面下の細い横棒がそうです。

82987EB8 B237 4B6C 8C0B 99F98B9E38CB

一応これでページを移動したり、全体の中での位置を把握することはできます。この点は個人的にはしっくり来ませんが我慢できないほどではありません。

PCのスペックによっては反応が遅い点

そもそもPCで文章を読むのは非常に疲れます。PCに対応しているとは言え、スペックにかかわらずタブレットで読むのが正解ですね。

読書の感覚が変わる

0円で読めることで読書の感覚が変わります。ダウンロードしてつまらなければ即刻削除しても心が全く痛みません。これが1600円なにがし支払っているとそうはいきません。
せっかく買ったのだから最後まで読もうと頑張ってしまい、結果「いつか読もう」と本棚に塩漬けになる、または苦痛をこらえて読んだが結局得るものがなかった、など時間や労力やスペースの無駄が生じます。
0円ならロスカットに躊躇はありません。30日後は有料ですが、月間980円で読み放題であれば心理的な負担は少ないはずです。

また昨今ネットでブログやSNSなどの文章を読むことも増え、画面で字面を追う事への抵抗が薄れていることもあるかと思います。読むスピードも早くなり、つまらない箇所はさっと飛ばす感覚が身に付いてきました。

読むスピードが上がり、つまらなければすぐ削除。自分の中では読書の感覚が変わりつつあります。

まとめ

電子書籍は、80年代の後半にアナログレコードからCDに総入れ替えになってしまった時の感覚に似ています。アナログレコード=紙の本、CD=電子書籍です。

アナログレコードの醍醐味は、大きなジャケットからレコードを取り出し、ホコリに注意しながらターンテーブルに載せ、すり切れないうちにカセットテープにダビングする、という一見面倒くさい手順にあります。

将来電子書籍がスタンダードになり、「紙の本は暖かみがあって・・・」「アナログの感覚が若者にウケている・・・」という時代が来るかも知れません。

 

 

◆◆あとがき◆◆

リオオリンピック閉会式の君が代。

何声かのコーラスで、ビートルズの「ビコーズ」を思い出しました。

今までにないアレンジでした。