初心者は徹底して手本を模倣する

1B12D563 3550 4D98 B178 2E05D57B85F4

2004年頃の作品。B3。

何事にも基本が大切、というのが私の信念です。

基本無くしてオリジナリティは築けず、型が無いのは型破りにあらず、型無しです。

 

全ては基本から始まる

ピカソの絵も、あいだみつおの文字も、全て基本の積み重ねがあったればこそ見いだしたオリジナリティだと思います。

形だけマネしても、見る人が見れば見破られてしまいます。

これは何も絵や書道といった芸術分野だけでなく、他の様々な分野に当てはまる普遍的な法則に思えます。

仕事、受験勉強、生き方、すべて基本があるのと無いのとではその後の積み上げが異なってきます。

強固な基礎の上には堅牢な建物が建ち、脆弱な基礎ならそれなりの建物、それどころか砂上の楼閣となり、建物すら建ちません。

 

基本は模倣で身につける

イラストレーター修業時代、写実を徹底して叩き込まれました。

写実こそ基本でした。

冒頭のイラストは濃さの異なる何種類もの鉛筆を使い、クロスハッチングで描いています。

部分のアップ

0C6823E7 45F6 46E0 9EB8 435D3E367C24

 

基本を身につけるには、手本を模倣することが近道です。

守破離の”守”です。

 

FA1C320B 4C0D 4E92 8A28 24181DA7850E

↑アメリカのイラストレーターの絵を模写したものです。2003年頃、B3。
部分↓

F2FFF8C1 E376 4353 AAE3 7B18EBBF678F

7A530B65 385C 4B49 AE47 B32C5E994A17

 

模倣の対象を見つける

何かやりたいことがあれば、模倣の対象、すなわち手本となる人を見つけることから始めると良いです。

良い師にめぐり会えば、上達は早いです。

イラスト修行は諸事情で途中降板しました。しかし基本が大事というスタンスはずっと持ち続けていて、これからも変わらないと思います。

 

関連記事

ロールモデルがいるならアウトプットではなくインプットを真似せよ!

 

 

◆◆あとがき◆◆

そろそろ冬物をクリーニングに、と思いつつ億劫です。連休前には。