へたくそでも趣味があれば楽しい!音譜が読めなくてもギターは弾ける

嫌なことがあって気持をぶつけたい時。

気分転換に。

考え事するとき。

お手軽な趣味としてギターは良いですよ!

IMG 2447

意外とお手軽

上手い下手は別として、ギターは誰でも手軽に弾ける楽器です。

楽譜はいりません。楽譜が読めなくてもコード進行さえわかれば弾けます。また、TAB譜(タブふ)というものがあるので、どこを押さえるべきかは簡単にわかります。

コード(和音)を3つ覚えれば弾ける曲はたくさんあります。

よく「Fコードが押さえられずに挫折した」と聞きますが、Fコードひとつをとっても色んな押さえ方があります。挫折するこほどのことではありません。

”ながら”が可能

ギターは他の事をしながらつま弾くことができます。

テレビを見ながら、ラジオを聞きながら

本や雑誌、ネットを見ながら

考え事をしながら

寝転びながら・・・

外道というバンドの加納秀人さんは、マラソンとギターを両方練習するため、ギターを抱えて弾きながら外を走っていたそうです(!)

へたくそでもいい

ギターの世界にもやはり天才はいます。また、才能の違いも如実に出ます。

そのような人達には追いつけませんからあこがれにとどめておきます。気分だけ味わえればいいのです。

人に聞かせるためにやる必要はありません。自分の世界で良いのです。弾いて気が晴れたり、達成感を得たり、良いアイデアが浮かべばそれで良いのです。下手くそなりに楽しんでいます。

それなりに弾けるようになったら、仲間と合わせると楽しさは数倍になります。

 

 

◆◆あとがき◆◆

以前から気になっていた問題作、

バタイユの「眼球譚」を読みました。

内容は・・・とてもここには書けません!

刺激を求めたい方はどうぞ