追悼ジョージ・マーティン〜ビートルズ関連の名プロデュース選

IMG_1982

当ブログは時事ネタにはなるべく触れないことにしているのですが・・・

今日は書きます。ビートルズのほぼ全曲のプロデュースを担当したジョージ・マーティンさんが逝去されました。

彼の詳しい経歴や業績などはほかのページに譲るとして、私にできることとして、ジョージ・マーティンがいなければ完成しなかったであろう名曲をセレクトして哀悼の意を表したいと思います。

Please Please Me プリーズ・プリーズ・ミー

もともとスローテンポだった曲をジョージ・マーティンのアイデアでアップテンポにした結果、ビートルズが世に出るきっかけとなった曲です。

 

 

Yesterday イエスタデイ

弦楽四重奏はジョージ・マーティンのアイデアかつ記譜です。作曲者のポール・マッカートニーは最初バンドで演奏するつもりだったそうですが、マーティンの助言によりポールのソロ演奏となりました。

 

 

In My Life イン・マイ・ライフ

ジョージ・マーティンはピアノを弾いています。速度を落として録音し、後でテンポを上げたそうです。美しいメロディです。

 

 

Eleanor Rigby エリナー・リグビー

イエスタデイに続き、弦楽とポールのボーカルのみの曲。

 

 

Strawberry Fields Forever ストロベリー・フィールズ・フォーエバー

テンポとキーの違う別々のテイクをジョン・レノンの要望でジョージ・マーティンがつなぎ合わせました。個人的に大好きな曲で、ビートルズの全曲の中でもベスト1〜2に入りますね。

 

 

Being For The Benefit Of Mr.Kite! ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト

後半のキュルキュル鳴っている効果音はオルガンの演奏を録音したテープをばらばらにしてつなぎ合わせたそうです。

 

 

Abbey Road (Side B Medley) アビーロードB面メドレー

アルバム後半のメドレーです。実質的にはビートルズのラストアルバム。最後に発売されたアルバム「Let It Be」はこれより前の録音で、プロデューサーはジョージ・マーティンではなくフィル・スペクター。

このメドレーがこのアルバムを超名盤たらしめています。最近のポール・マッカートニーのソロ公演でも(途中からですが)演奏されています。私はポールの追っかけをしていたので(^^)、大阪公演を2回見ました。このラストと、オープニングのマジカル・ミステリー・ツアーが特に鳥肌ものでした。

 

 

Here Today ヒア・トゥデイ

これはビートルズではなく、解散後のポールのソロの曲です。ジョン・レノンがなくなった直後に書かれた追悼ソングです。

ポールは最初ギターオンリーの弾き語り曲と考えていたそうですが、ジョージ・マーティンの強いすすめで、イエスタデイと同じく弦楽四重奏となりました。これがまたいいんです。涙ものです。これも来日公演で演奏されましたが、毎回泣きそうになりました。

 

 

ジョージ・マーティンなくしてはビートルズもここまでの開花はなかったかもしれません。偉大な業績を残してくれました。謹んで哀悼の意を捧げたいと思います。

 

関連記事

The Beatles〜ベスト盤しか知らないあなたは損している!〜ビートルズの隠れた名曲10選