ひとり仕事人は服装で差をつけよう!フリーランス、自営業者の服装術

せっかくフリーで仕事をしているなら、服装もあれこれ研究してみましょう!

82807250 C19C 4B79 8E38 FBF6D0C42DFF

自営業者の服装は自由!

自営業者は、仕事着として何を着るのかを自分で決めることができます。ある程度は職種やTPOを考慮するとしても、自由です。Tシャツに短パン・ビーチサンダルで仕事をしようがスーツにネクタイ・革靴で仕事をしようが良いわけです。

せっかくのこの自由、最大限に生かしましょう!

服装には自己紹介機能がある

自営業者は自分自身が商品です。

自由を最大限に生かす、というのは服装も”自分という商品”のひとつにしてしまう、ということです。Tシャツに短パン姿が商品になる、と判断するのならそれでもよいのです。

初対面ならまず服装を含めた見た目である程度の判断されるのは事実です。不潔な格好で「こころはきれいです」「できる男です」と言ってもにわかには信じてもらえませんし、すり切れたスーツを着て「最先端の仕事をしています」といっても信用できません。

人間は内面が大事、しかしその内面を表現する見せ方も大事です。

自分を説明する手段、自己紹介するためのひとつの手段として服装を利用できるのです。

いきなり個性を出そうとしない、奇をてらわない

かといって、いきなり自分の個性を出そうとして頑張りすぎたり、尖った格好で目立とうとするのは避けた方がよいでしょう。

頑張りすぎると頑張っている感が現れてしまいます。その人本人になじんでない、板についてないように見えてしまいます。

尖った格好も、それが本当に自分の考えから自然に出たものなら良いでしょうが、何かに反抗したいとか、目立ちたいとかいう動機なら周囲から浮いてしまうだけです。

どちらも自然ではありません。

服装には基本があります。和装にも基本があるように、洋装にも基本があります。基本を押さえた上での個性こそ本当の個性です。

何から始める?

基本といっても何をすればよい?月並みですが、答えは”勉強と努力”です。

ファッションの意識が高い環境で生まれ育ち、センスが良く、おしゃれが自然に身についている人。こういった人は確実に存在します。服装のセンスは環境に左右されます。大きく言えば、田舎よりは都会で生まれ育った人の方が垢抜けているのは当然のことです。私自身はド田舎者であり、ダサいなんていうものではありませんでした。

そういう人間はやはり勉強と努力をするしかないです。まずは本や雑誌を読みまくりましょう。ネットの情報は玉石混淆ですから取捨選択が必要です。信頼の置ける人が書いたものをまずは取り入れましょう。ファッション関係のInstagramなどもおすすめです。基本情報をインプットしておくと普段の観察眼が違ってきます。

そして、とりあえずこうかな?とやってみて徐々に好みを入れていくとよいでしょう。まずは一点、気になるアイテムを手に入れて、そこから派生させていきましょう(靴から始めるのがおすすめです)。ひとつ変えると他も変えたくなってきます。

ひとり仕事人・自営業者・フリーランスにとって服装は差別化のポイントにもなります。軽視せず、馬鹿にせず取り組む価値はあると思います。やっている人は少ないのですぐ差別化できますよ!

以下おすすめの本です。

 

タイトルが過剰ですが、この本に挙げられている”万能アイテム”を揃えていくのも良いかと思います。

 

同じ著者の本で、スーツに合わせるべき小物について。

 

森岡さんの本はこれ以外のものもおすすめです。

 

靴についてはほぼすべて網羅されています。

 

ティーン向けですが、なかなか哲学的な内容です(難しくはないです)。

 

故落合正勝さんの本。基本中の基本書です。

雑誌もいろいろ出ていますが、私はMEN’S EXを読んでいます。

 

◆◆あとがき◆◆

先日、漫画家の吉田戦車さんがラジオに出演されていました。

懐かしくなり、「伝染るんです」Kindle版を即購入しました。

今読んでも笑えます。