エスカレーターを歩く人は、止まっている人に気を遣う義務がある。無知と鈍感は罪が重い

NewImage

エスカレーターの片側を空けることは暗黙の了解、慣行になっています。

たとえば

大阪なら右側に立ち、左側を空ける。

東京、名古屋なら左に立ち、右側を空ける。

しかしエスカレーターを歩いて上り下りすることが危険である、と理由から、最近は”歩かない”ことが原則となりつつあるようです。

 

歩かない=原則なら、歩くのはタブー

実際、大阪梅田の百貨店では”歩かず2列に並んで”といった内容の貼り紙がありました。

原則が”歩いてはいけない”のであれば、”歩く”行為は原則に反しており、タブーを犯していることになります。

とはいえ現状は今まで通り、片側を空けて立ち、一方を歩く、というスタイルがまだまだ大多数です。

長年の慣行ですから変えるには時間がかかるでしょうし、そもそも変わるかどうかさえ疑わしいです。

ですから急に”歩くな”という杓子定規な倫理観を振りかざすつもりはありません。

 

歩かない側に優先権がある

しかし

タブーを犯している側の人は、犯してない側の人に優先度を譲るべきだと思うのです。

すなわち、歩く人は歩かない人の迷惑にならないように相当の注意を払い、謙虚になって気遣いをすべきだということです。

大阪の並び(右が止まって左が歩く)を例にしますと、

右側で止まって乗っていると、左側をどんどん人が歩いて行きます。

右側で止まっているあなたはエスカレーターを降りたらすぐに、

両手で前に持っている(左側を歩く人への気遣い)、大きな荷物を左手に持ち替えたいとします。

あるいは降りてすぐ左方向へ曲がりたいとします。

そうすると左後方から歩いてくる人に荷物があたらないように、あるいはぶつからないように

気を遣わねばなりません。

なぜルールを守る側が守らない側より気を遣わねばならないのでしょうか。

 

歩く人は気遣いが必要

エスカレーターを歩く人は、そうでない人に荷物をぶつけられても、またはぶつかられても文句を言えない立場です。

それどころか、右側の人の迷惑にならないように、歩いている最中も降りる瞬間も最大限の気遣いをするべきです。

降りた後は、右側の人の通行を妨げないように素早く移動すべきです。悠々と歩いて道を閉ざす権利はありません。

(そもそも急いでいるから歩くのではないのか?降りてから悠々と歩くなら止まっているべきでしょう)

問題は「無知」と「鈍感」にあります。

 

無知と鈍感は罪

「無知」とはエスカレーターは原則歩いてはいけない、というルールに対する無知(まだまだ浸透していないのでしょう)。

「鈍感」は自分が迷惑をかけていることに気づかない感覚の鈍さ。

この二つが揃ってしまうともう話が通じないでしょう。前提が違いすぎます。

「みんなやっているではないか」というのはまた話のレベルが違います。

無知と鈍感は罪です。

 

まとめ

決して歩くのが絶対だめだと言っているわけではありません。

それは、車は法定速度を絶対超えるな、と言うのと同じようなものですので。

するなとは言わないが相当の注意義務がある、一方で優先度や権利はない(少ない)、ということです。

いや、私とて歩くことはあります。もちろん最大限の注意を払いますが。

 

 

◆◆あとがき◆◆

昨日記事にしたiPad+Applie Pencil、快適です。

新たな世界が広がりそうです。