税理士試験本番直前!コンディション維持のためにやっていたこと

酷暑の税理士本試験、ベストのコンディションで臨みたい!

そのための直前期の過ごし方、当日気をつけるべきことは!?

IMG 2401

何をおいても体調!

とにかく直前〜当日の体調をベストにすることです。

直前期はテンション、モチベーションともに上がりぎみになり、オーバーワークしがちです。ここまで来たらいつも通り、やるべき事を淡々とやりましょう。身体を壊してはいけません。集中力は研ぎ澄まされているはずなので、同じ時間でも密度の濃い時間が過ごせるはずです。

体調維持をするためにやっていたことは次の通りです。

生ものは食べない

大好きな刺身は直前2〜3週間は食べませんでした。どちらかというと胃腸が弱い方なので、おなかを壊さないように細心の注意を払っていました。

酒は飲まない

直前1カ月は酒を一滴も飲みませんでした。暑い日の夕方「ビール飲みに行こう!」の誘いを断る悲しみ。それをモチベーションに変えていました。

熱いお茶を飲む

冷たい飲み物は胃に刺激が強いので、真夏に熱いお茶を飲んでいました。

汗をかく

冷房の効いた部屋でこもりきりの生活が続くと、だんだんだるくなり熟睡できなくなってきます。適度な運動をする習慣があれば良いのですが、直前期はその時間も惜しいことでしょう。そんなときは風呂につかって汗を出すに限ります。シャワーを浴びるだけではなく、湯船につかることで発汗し、すっきりします。

当日の持ち物

虫除けシート

試験前や試験中に蚊に喰われたら著しく集中力を損ないます。同じものではないですがこのようなシートを使っていました。肌を拭くように塗るタイプのものです。

かゆみ止め

それでも刺された場合は塗りまくるために。幸い、刺されることはありませんでしたが。

タオル、ティッシュ

汗止めや冷房対策などに。

下痢止め

おなかの弱い私には必需品です。水なしで飲めるタイプです。試験官に何を言われようとも譲らない覚悟で、試験中も机の上に一粒置いていました。(何も言われませんでした)

軽食

ウイダーinゼリーやチョコバーといった、軽い食べ物を本番直前に腹に入れていました。ただし水分はトイレに行きたくなるのを避けるために極力抑えていました。

携帯用トイレ

それでももし試験中にトイレに行きたくなった場合を想定していました。手を挙げたら試験官同伴で行けるのでしょうか?でも大幅なタイムロスですよね。最悪の場合、これを使うつもりでした。

幸い使う機会がなくて良かったですが(^^;)

ばんそうこう

不慮のけがのために。

試験会場までの地図、路線図のコピー

スマホがあればよいのでしょうが、念には念を入れて。

受験票のカラーコピー

受験票がないとすべてが水の泡です。念のためにカラーコピーをとって、原本とは違うところに入れて持って行きました。また、手帳にも受験番号を控えていました。

前日の過ごし方

仕事掛け持ちの方も前日は休みを取られると思います。私はいつも通り、7時間ほど勉強し、寝る直前はテレビでバラエティを見ていました(当時放送していた”リンカーン”など)。

ほぼ計画通りにやりきっていたので、あとはリラックスです。

当日の過ごし方

当日は試験会場に近づくにつれて、電車内で理論のテキストを読んでいる人が目についてきます。私は落ち着かない場所で中途半端にやるのがイヤなので、電車内ではいっさいやっていませんでした。試験会場について落ち着ける場所を見つけてから、軽食をしつつさっと理論の確認をしていました。

いざ会場に入る直前は、もよおしていなくても念には念を入れてトイレに。

験を担ぎすぎない

試験の申し込みのため郵便局に行った際、封筒に貼るべき切手を郵便局の方がひらひらと床に落としてしまいました。

「縁起悪いな〜」と思い、ずっと引っかかっていたのですが無事合格しました。ささいな出来事を変に悪く取ったり、験を担ぎすぎないようにしましょう。精神衛生上良くありません。

試験が終わったらすぐに冷たいビールを腹一杯飲む!

試験が終わればもうおなかをこわしてもかまいません。帰りの道すがらすぐにビールを飲んでいました(^^)

全力を尽くしてやりきった感が大きいほど、充実感があります。合格云々はひとまず忘れて自分自身をねぎらいましょう!

 

 

◆◆あとがき◆◆

今日は大阪から妹夫婦が来ていました。

昼食に鰻を食べた後、墓参りに。