家電量販店よりApple Storeを選ぶ理由

IMG 0224

iPhone7PlusをApple Storeで購入

iPhone5s →  iPhone7Plusに買い換えた。
購入したのはApple Store心斎橋店。
Apple製品を買うときは極力Apple Storeで買うことにしている。今回は阪神阪急カードの切替えもあり、大阪まで足を運んだ。
昨年5月にも心斎橋店でiPad ProとApple Pencilを購入している。
iPad Pro、Apple Pencilを導入 | Mスタ!

iPhoneを買う手段にはいろいろな選択肢があり、特段Apple Storeに行く必要はない。そんな中あえてApple Storeに行くには理由がある。 

Apple Storeの心地よさ

Apple Storeを選ぶ理由はひと言で言うと”接客の心地よさ”に尽きる。
ストアのスタッフへの印象は、
・商品知識が豊富で確実(みんなApple製品大好きなんだろうなあ・・・と伝わってくる)
・使用方法についてのアドバイスをしてくれる(実体験に基づいているのがいい)
・セットアップを懇切丁寧にしてくれる
・押し売りしない
・変なキャンペーンを押しつけられない
・エラソーでもなく、かと言ってへりくだらず、自然体(これ難しいけどすごく重要に思える)

といったところだろうか。買い物をするだけなのにちょっとしたコンサルを受けている気分になれる。
なによりスタッフが”働かされている”のではなく、楽しんで接客しているように見える。そうした態度がこちらにも伝わるのかも知れない。

選ばない選択肢

単にiPhoneを買うだけなら選択肢はいろいろだ。
・Appleのネット販売
・Apple以外のネット販売
・キャリアの店舗(ソフトバンク、au、ドコモ)
・ 家電量販店
etc ・・・

この中でキャリアの店舗はまず選択肢から消える。
それは格安SIMを使うからであるが、それ以外にも料金プランのわかりにくさには辟易するし、変なキャンペーンを押しつけられそうになるのがイヤだ。
店舗によっては「ん?」と思うようなスタッフも(特に田舎には・・・)。
今までは「契約してあげますよ感」を感じたが格安SIMが普及すればそれもなくなるだろうか?

次に選択肢から消えるのは家電量販店。
私は家電量販店で気持ちよく買い物できた覚えがない。
お笑い芸人さんがTVでよく紹介していたが、そんなスーパー店員さんてホントにいるのだろうか?私は高飛車で客を見下した感じのスタッフにしか当たったことがない。
量販店って従業員の研修で、大声で挨拶する練習みたいなのを昔TVでよく見たが、今もあるのだろうか?
Appleは間違ってもそんなことはしてないだろうし、効果を上げてない研修ならやめればいいのにと思ってしまう。
近所の量販店でのことだが、店員のオッサンの口臭がひどすぎて生きるパワーを奪われたという経験がある。まあこれは余談ではあるが。

多少損してもApple Storeを選ぶ

もしかしたらApple Storeにこだわるのは合理的ではないかも知れないし、金銭的には損をしているかも知れない(旅費やポイント還元など)。

今回はネットで買ってもよかったが、カードの切替えの用事もあり、何より店舗に行ってスタッフと話しながら買いたいと思わせてくれる。
昔、銀座店で変な客に舌打ちされたことがあるが、そんなイヤな思い出は余裕で相殺してくれる。
そんな変な客と遭遇するのはまれだろうし、今回も心斎橋店ではスタッフと楽しそうに長話しているお客さんでいっぱいであった。
観察していると、客の方が話をしたくてたまらなそうな印象を受けた。
多少損をしようとも、今後もApple Storeに足を運びたい。