行き詰まったら人生相談を読むのもいい。島地勝彦さんの”乗り移り人生相談”がいい。

IMG_1954

島地勝彦さんの”乗り移り人生相談

日経ビジネスOnLineでの週一回の人生相談のコーナーです。

一昨年ごろは毎回欠かさずチェックし、バックナンバーも第1回から読んでいました。

 

全身編集長

きっかけはNHKの「全身編集長」を観たことです。

島地さんは集英社プレイボーイ誌の元編集長。

その島地さんの破天荒な編集長時代のドキュメンタリードラマです。

ドラマの中の島地さんに惹かれ、ネット検索し、”乗り移り人生相談”に行き着きました。

 

ノートに写してリピート

その頃の自分は、多分いろんな面で行き詰まりを感じていたのでしょう。

読者の相談に対する島地さんの回答、聞き手のミツハシさんとの軽妙なやりとりにハマってしまいました。

シガーやシングルモルト、食、女性、ファッションなどをこよなく愛する島地さんの回答は、普通のお堅い回答とは一線を画しています。

何より若かりし頃に柴田錬三郎、開高健、今東光といったビッグネームの方々と交流し、愛されてきた方です。

当時の私にはとにかく刺激的で、気になった回答は手書きでノートに書き留めていました。

IMG_1957

 

書き留めた内容を何回も読んで赤鉛筆で線を引き、おすすめの本を買い求めて読み、飲み慣れないシングルモルトを飲んだりしました。

 

疲れたら人生の先輩に頼ろう

何かに疲れたり、行き詰まりを感じたり、自暴自棄になりそうなとき、同じような悩みを抱えた人達の相談内容を読めば、悩んでいるのが自分だけではなく世の中にはいろんな人がいていろんな悩みがあるものだ、と少しは気が紛れるでしょう。

それに答える島地さんの、世間の常識とは一線を画した心に刺さるメッセージを読んでみて下さい。

 

今東光さんの相談もおすすめです。